読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い師のちょっと一言・・・

占い師の目線で旬の話題を

愛之助さん、熊切さんの別れを読み解く

先日藤原紀香さんを中心に記事を書きました。今日は男女の恋愛と結婚に絡めて記事を書きます。

恋愛は恋をしている間に愛を育くんでゆきます。

恋ははしかと同じで次第に覚めます。半年~一年半くらいが最も燃える時期でしょう。愛はお互いの心の中で育ててゆくものです。愛之助さんの中で愛は育たなかったということでしょう。結婚には様々な条件が要ります。二人だけでの生活で成り立たせる結婚ならばどうにかなりますが、もらった指輪をちらつかせたり、ネイルにイニシャルを入れて他人に見せびらかしたりと、伝統を重きに置く梨園の世界では困りもの。周囲の大きな反対も頷けます。そして今回。テレビの前で、別れ話は一度も無いと泣いた。結果相手はどうなるか?愛之助さんは優柔不断ないい加減な男と映った。この相手を思いやれない心が、結婚という文字から男を遠ざける。

いい女を捨ててしまったと思わせるくらいの別れ方ができないとね。相当相手を思いやれないと歌舞伎の世界の嫁は無理でしょう。別れて正解の方でしょう(だからと言って藤原さんが相応しいとは言いませんが)

先ごろ中村獅童さんの結婚式が行われ、お二人が出会った時から結婚までの様子がテレビで流れていましたが、妻の沙織さんちゃらちゃらしたところが無く、これからもしっかり獅童さんを支えていかれるでしょう。30歳から当分はこれまでとガラリと変化する運気で苦労もされるでしょうが、お互いを思いやっていかれるでしょう。人生は人が生きながら歩み作り上げてゆくもの。

獅童さんの妻と熊切さん。ここに妻になった人となれなかった人の違いがみてとれますね。